.

自動車保険には任意保険および自賠責保険といった二個の分類が販売されています。

自賠責保険も任意保険も、万一のアクシデントに遭遇したときの補償を想定したものですが、実際の内容は異なっています。

二つの保険を比べると補償が可能なことが違ってきます。

※事故の相手に対しては任意保険・自賠責保険で補償されます。

※自分自身に関しては、【任意保険】によって補償されます。

※自己の私有する財産に関しては、「任意保険」で補償されます。

自賠責保険単体では、自分自身の手傷または愛車についての支援は受ける権利がありません。

続いて相手方への支援ですが自賠責保険では亡くなられた場合は最大額で三〇〇〇万円・障害が残った場合最高4,000万などといったようになります。

しかし実際の賠償金がこの額面を超えてしまうことはよくあることです。

かてて加えて事故の相手の所有する乗用車や建築物を破壊した時事故を起こした人によるまったくの自己補償となります。

そのためにも任意保険という別の保険が重要となるのです。

被害者に対する援助を主な役割とする任意保険にはしかし、それに留まらない補償内容があります。

※事故の相手方へは、死亡時もしくは手傷の他にもクルマもしくは家といったもののものを補償してくれます。

※自分自身に対しては、一緒に乗っていた者も対象として死亡時や怪我を賠償してくれるのです。

※自己の私有する財産に関しては、マイカーを賠償します。

そういった種々の面において支援がしっかりしているのが任意保険というもののストロングポイントです。

保険の料金の支出はもちろん必須となりますが、相手方のためにも自分を守るためにもクルマに乗るのであればぜひ任意保険というものに契約を結んでおくに越したことはありません。