.

洋画や洋楽にハマり、英語圏に興味を持ち、 イメージの中で日本を飛び出してニヤニヤ妄想を膨らます・・・。ラミューテ

素晴らしいと思います。イエウール

興味を持つきっかけなんていつもそのような感じだと思います。美容

そして外国人と英語で会話している自分。コンタックス買取

目の色は違うが潤滑なコミュニケーション。物忘れ対策

まさに理想的です。バストイレ別リフォーム

もうハリウッドスター気分です。ライザップ 和歌山店

そして今この時点での現実に、膨らませたイメージを投下する。度ありカラコン ワンデー

まずは勉強。ママルナの口コミ

そして基礎を固める。すっぽん小町

流れとしては完璧だと思います。

わたしの場合は洋画から興味を持ち始めました。

英語という言語自体、なぜかカッコよく思えたものです。

そして高校2年生の頃から洋楽に目覚めました。

眼からウロコというか、 そんな衝撃を受けた記憶があります。

かっこいいサウンド、お洒落なメロディ、 何時間も聴き耽る毎日でした。

当然ながら、そこでひとつの疑問にぶつかります。

「歌詞の意味は何なのだろう?」 わたしは洋楽を通じて楽しく単語を学びました。

不思議と好きなアーティストの曲に出てくる難しい単語でも、すぐに覚えます。

これは良い単語の勉強法だと思います。