.

小説、というと昔は誰もが嗜んでいたポピュラーな娯楽ですが、最近ではどうでしょう。 最近は活字離れが激しいと思われます。 インターネットの発展が進み、いつでもどこでも誰とでも繋がれるのでネットで会話をしているために、読書をする時間など作れませんし、ネットで動画やサイトを閲覧しているといつの間にか時が経っております。 テレビもいつでも多数の番組が流れているので、観ているうちに一日が終わり、小説を手に取る時間は無いと思われます。 活字離れといっても俗っぽい書物はかろうじて市民権を得ているようで、本屋の購入ランキングを見てみるとゲームの攻略本や漫画がランクインされており、小説はそっちのけ、といった光景もみられます。 小説業界がこれからの時代に流されて淘汰されないためには、もっと激しい宣伝をしていくことが肝要と思われます。 内容を画期的にするという選択肢もありますが、長い小説業界において画期的な手法はもう出尽くしているでしょう。